リーズナブルに行えるお葬式の料金はどの程度なのか

好景気の時代には、大規模なお葬式がよく行われていましたが、今は各家庭の経済的な余裕がなくなっているとあり、ごくシンプルなやり方を希望するケースが増えています。

お葬式の料金を抑えつつ行える方法を、直葬と呼びます。
別の呼ばれ方として、火葬式というのもあります。
直葬はお通夜や葬儀、告別式を行わない方法で、火葬の時にごく少数の身内だけが集まって、死者を送り出すようになります。

直葬によるお葬式の料金ですが、そのやり方や葬儀会社によってまちまちです。



ただ、基本的には20万円前後で利用できる例が目立ちます。

50万円以上のものも存在しますが、この料金だと家族葬が行えるくらいの水準ですので、かなり高いと判断できます。


20万円から30万円程度であれば、普通の水準です。

さらに安い、10万円台の直葬も増えています。

葬式の料金の喜びの声を頂いています。

もっと安い、10万円以下のものも存在しますが、あまりにも安いものは、基本費用内で利用できるサービスが少なく、オプションを多く利用せざる得ない事態に陥る可能性がありますので、注意しましょう。

YOMIURI ONLINEに関する特集が満載です。

直葬を利用するには、サービスを取り扱っている葬儀会社に依頼をします。

急な事態であっても、連絡先さえ知っていれば、直ちに対応してくれる会社がほとんどです。


しかし、かかる費用について考える余裕がなくなりますので、できるだけ早い段階から葬儀会社に問い合わせたり、見積もりをしてもらうなどすると、緊急事態でも慌てずに済みます。