シロアリの駆除に使用する駆除剤を扱う際の注意点

シロアリは木造住宅の建材を食い荒らす害虫として駆除の対象になっています。

建材の中に巣を作って住み着く習性があることから、専門知識を持つ業者に駆除を依頼するのが効果的です。



業者による駆除作用は建材の中に入り込んでいるシロアリにも高い効果を発揮する専用の駆除剤が使用されますが、種類によっては人体に有害な成分が含まれているので注意が必要です。

作業中は住宅に近づかないことが大切ですが、駆除作業が終わった後も駆除剤の成分が部屋に残留しないように十分な換気を行うように心がけます。

また、駆除を終えた後に別の種類のシロアリが住み着くのを防ぐ目的で床下や建材に予め駆除剤を塗布することがありますが、住宅に居住している人が健康被害に見舞われる可能性があるので作業は慎重に行う必要があります。


シロアリ退治に使用する駆除剤は万遍なく散布できるように軽量に作られているものが多く、作業中に空気の流れに乗って屋外に漏れ出てしまうことがあります。駆除剤の成分によっては土壌や水源を汚染してしまうケースもあるので、外部に流出しないように保護シートなどで作業現場を覆う工夫を施すことが大切です。

シロアリの駆除剤の情報が豊富です。

また、近隣の住人に予め連絡をしておくことがトラブルを回避するための社会的なマナーです。

シロアリ退治は住宅の耐久性を維持するための重要な作業ですが、その一方で周囲の環境を汚染しないように細心の注意を払うことが地域に暮らす住人の務めになります。

話題になっているOKWaveが勢いに乗っています。